格安スマホ・SIM

【格安スマホ】スマホ0円で購入する方法と注意点&月額0円のSIMカードも紹介!

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

この記事にたどり着いた方の多くは、「一括0円」でスマートフォン端末を手に入れる方法を探しているかもしれません。

たしかに0円でスマートフォンの端末を手に入れられる時代もありましたが、実は現在は法律の改正により「0円購入」ができなくなりました。

0円ではありませんが、近年では「実質1円」の格安スマホなら販売されています。「実質1円」で購入ができるのはなぜでしょうか?

この記事では、格安スマホの端末を1円で購入する方法や注意点と、月額0円で購入できるSIMカードを紹介します。

格安スマホの端末は本当に0円で買える?

冒頭で説明したとおり、現在では端末を0円で購入することはできません。ただし、1円で購入することは可能です。

格安スマホが「実質1円」で購入できるからくりと、電気通信事業法改定後でどのような決まりができたのかを解説します。

格安スマホの「0円販売」は法改正で廃止

かつてスマートフォン端末は「実質0円」「一括0円」を売りにした販売がされていましたが、2019年10月に施行された改正電気通信事業法により「0円販売」は廃止になりました。

総務省が、大手キャリアの顧客に対し、通信サービスの継続利用を条件とする割引の提供を、行きすぎた囲い込みではないかと問題視し行なった法改正した結果です。法律の改正によって端末料金の割引額に上限が設けられ、2万円(税別)を超える値引きが不可能になり、2年契約の条件で、毎月の料金を相殺するサービスも禁止されました。

大手キャリアまたは一定条件を満たす格安スマホは、回線契約と端末購入のセットの割引を2万円(税別)までにしなくてはなりません。本体価格が2万円未満(税別)の場合は販売価格が値引きできる上限です。また、本体価格が0円以下になることも禁止です。

同様のキャンペーンを楽天モバイルも実施していましたが、現在はすべて終了となっています。

1円で格安スマホを購入できる理由

「実質0円」「一括0円」が規制により廃止となりましたが、「実質1円」「一括1円」で端末を販売するキャリアが増えています。2019年10月の法改正によって規制されているにも関わらず、なぜ「実質1円」「一括1円」を実現できるのでしょうか?

それは、規制されているのが回線契約と端末の購入がセットの場合に適用され、回線の契約がともなわない割引には上限がないからです。そのため、特定の機種は、2021年中頃から「実質1円」「一括1円」の販売がされ、端末の選び方やキャンペーンによっては「実質1円」で購入できるでしょう。

現在「一括1円」で販売されている端末の場合、値引き上限額の2万円(税別)相当の機種と、回線の新規契約や乗り換え(MNP)がセットのプランになっています。

一方、「実質1円」のキャンペーンの多くは、2年後に端末をキャリアに返却する条件付きで実現しています。機種代金を24ヵ月間割引にし、25ヵ月目に端末を返却(下取り)することで機種代金の残高が相殺される仕組みです。もし、25ヵ月以降に端末を継続して使用する場合は、通信料に加えて端末の残金が追加されます。

1年以上使用すれば2年を待たずに返却することも可能です。ただし、解約月から23ヵ月目までの端末代金は支払いが必要です。例えば18ヵ月目に解約した場合、18ヵ月目から23ヵ月目分は自己負担になり、24回目の支払い分のみ割引されます。

以前の仕組みでは2年後に端末の支払いと割引が終わるシステムでした。しかし現在では2年以上同じ端末を使用すると、毎月の支払い額が上がる仕組みです。「実質1円」の端末は条件をよく確認して契約しましょう。

キャンペーンで格安スマホを0円(1円)にする方法

通信業者各社のキャンペーン対象になれば、「実質0円」「実質1円」でスマートフォンを購入できる場合があります。ここでは「実質0円」「実質1円」の格安スマホを紹介します。

OCNモバイルONE

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

OCNモバイルONEには「実質1円」となるキャンペーン自体はありません。しかし、端末の割引キャンペーンは豊富にあり、価格が安い端末を一括購入することで「実質0円」になることがあります。

2023年2月6日から3月28日までは「人気のスマホSALE」を開催しており、端末が一括1,100円(税込)から購入できました。

2023年3月時点で実施していたキャンペーンを以下で紹介します。

キャンペーン

対象期間

条件

特典

dポイントプレゼントキャンペーン

2023年2月6日
~2023年3月28日

  • キャンペーンの対象商品を申し込むこと
  • 音声対応SIMで新規契約を申し込むこと
  • OCN IDとdアカウントを連携すること
  • 対象機種によって8,000~1万7,000ptのdポイントをプレゼント

公式サイト等で
「音声対応SIMのみ」
お申し込みの方限定!
「初期費用+1ヵ月分の月額料金相当」
キャッシュバックキャンペーン

2022年12月15日
~2023年3月31日

  • 期間中にOCNモバイルONE公式サイトにて乗り換え(MNP)でOCNモバイルONE新コースに音声対応SIMカードでSIMカードのみ申し込むこと
  • 申込の翌月までに本人確認の提出が確認できること
  • 期間中にエントリーが完了すること
  • 期間中に価格.comで乗り換え(MNP)OCNモバイルONE新コース音声対応SIMカードでSIMカードのみ申し込むこと
  • 500MB/月(新コース):4,285円キャッシュバック
  • 1GB/月(新コース):4,505円キャッシュバック
  • 3GB/月(新コース):4,725円キャッシュバック
  • 6GB/月(新コース):5,055円キャッシュバック
  • 10GB/月(新コース):5,495円キャッシュバック

キャンペーンを利用すれば「実質0円」「実質1円」で端末を購入できるかもしれません。

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

IIJmio

IIJmioは乗り換え(MNP)を対象に端末を格安で販売している格安スマホです。2023年3月時点では「実質0円」「実質1円」となるキャンペーンを行なっていません。

ただ、2023年3月1日から2023年3月31日の期間限定で、端末が安く購入できる「ギガ増量!先行記念キャンペーン【第2弾スマホ大特価セール】」を開催しており、1契約者1台まで対象端末が格安で購入できました。

キャンペーンの条件は、期間中にIIJmioモバイルサービスのギガプラン「音声SIM」または「音声eSIM」を乗り換え(MNP)で対象端末とセット契約をすること。

対象端末は、一番安いもので一括払い500円(税込)。1,000円以下でも購入できる格安のラインナップです。一括500円(税込)の端末を24回払いにすると、月々22円(税込)の支払いになります。

「実質0円」「実質1円」とまではいきませんが、「実質22円」は負担を感じにくいのではないでしょうか。

楽天モバイル

楽天モバイルでは以前「0円スマホ」を販売し話題となりました。2023年3月には「Rakuten Hand」が「実質1円」になるキャンペーンを実施していました。「実質1円」になる条件は以下の3つです。

  • 対象製品の購入と申し込みが初めてであること
  • 申し込み完了後、翌月末までにプランの利用を開始すること
  • 申し込み完了後、翌月末までにRakuten Linkで10秒以上通話すること

条件をすべて満たした場合、1万6,000円分の端末値引きに加え、最大3,000ptが還元され「Rakuten Hand」の製品価格が1万9,001円のため「実質1円」となります。

他にも楽天モバイルでは2023年3月にもさまざまなキャンペーンを実施中です。なかでも端末に特化したキャンペーンを2つ紹介します。

キャンペーン

対象期間

条件

特典

NEW iPhoneトク得乗り換え

2023年2月15日
~終了未定

  • 対象iPhoneの購入と初めて楽天モバイルの申し込みが初めてであること
  • 申込完了後、翌月末までにプランの利用を開始すること
  • 申込完了後、翌月末までにRakuten Linkで10秒以上通話すること
  • 対象機種を下取りに出すこと

最大2万4,000円相当分のポイント還元

【内訳】

  • 初めてのプラン申し込み:3,000pt
  • 対象iPhone購入とプラン申し込み:6,000pt
  • 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムで対象商品を購入:5,000pt
  • 対象iPhone下取り:1万pt

【楽天モバイルショップ限定】

楽天モバイルへ初めてお申し込み
&対象スマホご購入で最大2万8,700円相当分おトク!

2023年2月15日
~終了未定 

  • ショップで初めてプランに申し込み、対象製品を購入すること
  • 申込完了後、翌月末までにプランの利用を開始すること
  • 申込完了後、翌月末までにRakuten Linkで10秒以上通話すること

最大2万8,700円相当の特典

【内訳】

  • 初めてのプラン申し込み:3,000pt
  • 対象iPhone購入:6,000円値引き
  • ショップ限定ポイントキャンペーン適用:3,000pt、1万6,700pt

初めての申し込みで「だれでも3,000ptプレゼントキャンペーン」やクーポン、楽天ポイントの還元など多数ある楽天モバイルは、端末にこだわりがない人にはおすすめの格安スマホです!

Y!mobile

Y!mobileでは乗り換え(MNP)の場合、「実質1円」で購入できる「Libero 5G Ⅲ」端末など特価スマートフォンを取り扱っています。端末単体の割引に加え「他社からのりかえ割引」が適用になり、一括払い限定で「実質1円」の実現が可能でしょう。

さらに、オンラインストアの機種変更では、機種代金が最大約2万円割引になるキャンペーンがあります。

他にもY!mobileオンラインストアでは不定期なタイムセールによって「実質1円」端末が販売されることがあります。

例えば、タイムセールで「Android One 10S」の機種変更が3万6,000円から1万800円値引きされ、2万5,200円で端末の購入が可能です。さらに、インターネットから申し込むと、事務手数料(3,300円(税込))が0円になるため、さらにお得です。

Y!mobileに契約している人はオンラインストアのタイムセールをチェックしてみましょう!

0円(1円)で格安スマホを購入するときの注意点

2021年中旬頃から通信サービス各社のキャンペーンにより「実質0円」「実質1円」で端末が販売されるようになりました。これらを購入時には4つの注意点があります。格安スマホの購入に気をつけておくべきポイントを解説していきます。

回線の契約が必須

「実質0円」「実質1円」で端末を購入するにはプランの契約が必要です。端末のみの購入は「実質0円」「実質1円」の条件に合わず対象外となります。キャリア側はプラン契約で収益を見越しているため、回線契約なく「実質0円」「実質1円」で端末を購入できることはありません。

ただし、家電量販店のヨドバシカメラやビックカメラの店舗によっては、端末の返却や回線契約の条件付きで、「実質1円」の端末を販売しています。タイミングが合えば近くの家電量販店で「実質1円」のスマートフォンに出会えるかもしれません。

さらに「実質1円」の端末購入は回線契約に加えて、最低2ヵ月の利用が必須の場合もあります。以前あった「2年縛り」はないものの、最低利用期間は確認しましょう。

端末の料金が安いのはうれしいことですが、料金だけでなくどこの格安SIMを契約するかも重要です。条件によってより安く利用できるキャリアもあるため、比較検討してから契約しましょう。

キャンペーンの詳細を確認する

「実質0円」「実質1円」になるキャンペーンには細かな条件があります。契約する前に適用条件の詳細をよく確認しましょう。

なかでも多い条件として「他社からの乗り換え(MNP)」があります。新規契約や端末のみの購入は対象外となる場合が多いです。もし条件に合わない場合は、割引の減額や適用外になります。

また、支払いが0円や1円ではなく、ポイント還元やキャッシュバックなどを換算して「実質0円」「実質1円」とするものも多く見られます。

さらには、特定のオプションや対象プランへの契約が条件の場合もあります。不要なオプションや必要以上のサービスがついたプランの場合、月々の支払金額が高くなる可能性があるため、慎重に判断しましょう。

機種が新品とは限らない

「実質0円」「実質1円」で販売される端末には、認定中古品が含まれていることがあります。格安で入手できる代わりに、少し傷がついている場合もありますが、キャリアによって動作確認や品質のチェックが行なわれ、使用時には気にならないかもしれません。

例えば、Y!mobileのオンラインストアでは「ソフトバンク認定中古品iPhone」を販売しています。販売価格は一括1円以上で、販売しているiPhone端末はiPhone8、iPhone XR、iPhone11の3種類です。

「ソフトバンク認定中古品iPhone」とはソフトバンクが下取りプログラムや、新トクするサポートで、回収しクリーニングや整備をした中古iPhone端末のことです。

ソフトバンクが端末外観の検査や、検査ツールで機能確認を実施していますが、不備があった商品は交換にも応じてくれるため安心でしょう。

「実質0円」「実質1円」を検討中でも中古品に抵抗がある人は、キャンペーンを避けたほうが無難かもしれません。

「実質」の場合は通常の支払いが必要

「実質0円」「実質1円」とは、端末料金があとから還元されるポイントによって、最終的に「実質0円」「実質1円」になるという意味です。契約時には通常の料金を、一度支払う必要があるため注意しましょう。

一方「一括1円」とは契約時点で支払いが1円になるという意味で「実質1円」とは異なります。

また、「実質0円」「実質1円」にするには、端末の値引きやポイント還元のキャンペーンで条件を満たさなければいけません。複数の条件があったり、エントリーが必要だったりするため確認しておきましょう。

なかには、条件として2年後に端末を返却しなければ「実質1円」にならないこともあります。また、返却時に端末が破損している場合、違約金が発生する可能性もあります。

月額0円になるSIMカードもある!

ここまで「実質0円」「実質1円」で格安スマホの端末を、購入する方法を紹介してきました。実は、手持ちのスマートフォンで利用できる「月額0円」のSIMカードも存在します。

そこで「月額0円」で契約できる格安SIMを2つ紹介します。

DTI SIM

DTI SIMはインターネットプロバイダ事業を行なっている株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営する格安SIMです。

インターネットプロバイダとして20年の実績があり、モバイル通信が開始された当初からSIMカードを提供してきたDTIから新しく誕生した格安SIMがDTI SMです。

DTI SIMは初めて契約する人限定で「月額0円」の料金プランを設けています。

はじめてDTI SIMを申し込む人限定のお試しプラン

プラン名

1ヵ月目~6ヵ月目

7ヵ月目以降

でんわ定額プラン 3GB

1,672円

2,541円

データ半年お試しプラン 3GB

0円

924円

データSMS半年お試しプラン 3GB

0円

1,089円

引用:DTI SIM

「月額0円」となるのは利用開始月から6ヵ月間の月額基本料金です。オプション利用料やユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料、従量課金などは別途必要となり、利用開始7ヵ月後からは月額基本料金がかかる点には注意しましょう。また、「月額0円」になる「データ半年お試しプラン3GB」と「データSMS半年お試しプラン3GB」は、音声通話ができません。

なお、DTI SIMは未使用データ容量の繰越ができますが、「データ半年お試しプラン3GB」と「データSMS半年お試しプラン3GB」の利用開始月から6ヵ月目までは繰越不可です。7ヵ月目以降より未使用データ容量の繰越対象となります。

DTI SMはドコモ回線を利用しており、日本全国の広範囲でスムースな利用が可能です。MNP転出手数料がかからないため、気軽に乗り換えできるのもメリットです。さらに、DTI特典でホテルやレストランがお得になるサービスも利用できます。

povo 2.0

povo 2.0はauの新しいブランドです。格安SIMと違って株式会社KDDIが運営するau回線の品質をそのまま利用できるのが特徴です。広範囲にわたって高い品質の通信速度で快適にスマートフォンが利用できるでしょう。

povo 2.0は基本料金0円で、用途に応じて有料オプションをトッピングしていくシステムです。データ使用量や通話量が月々変動する人におすすめです。

トッピング内容

料金(税込)

データ使い放題(24時間)

330円/回

データ追加1GB(7日間)

390円/回

データ追加3GB(30日間)

990/回

データ追加20GB(30日間)

2,700円/回

データ追加60GB(90日間)

6,490円/回

データ追加150GB(180日間)

1万2,980円/回

DAZN使い放題パック(7日間)

925円/回

smash.使い放題パック(24時間)

220円/回

5分以内通話かけ放題

550円/月

通話かけ放題

1,650円/月

基本料金0円で使用できるpovo 2.0を利用するときの注意点は、180日間以上有料トッピングがない場合に、利用停止や契約解除になることです。

どのトッピングを選んだら良いかわからないときは、povoサポートにチャットで相談することもできます。利用状況に合わせて、最適なトッピングプランを選んでくれるため安心です。

まとめ

電気通信事業法の改定によって「0円購入」できなくなっていたスマートフォンが、各社の工夫によって「実質0円」「実質1円」として入手できるようになりました。

ただし多くの場合は、複数の条件があり、なかには2年後の返却が条件のこともあるため注意が必要です。

また、「月額0円」で使用できるSIMカードを展開している格安スマホもあり、手軽に格安でスマートフォンを利用できるようになりました。

自分の用途に合わせて格安スマホや格安SIMを比較し、月々の費用を抑えられるスマートフォンに乗り換えてみませんか?

-格安スマホ・SIM
-,