乗り換え

OCNモバイルONEへの乗り換えに最適なタイミングとは?お得に使えるオプションと併せて解説

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
OCNモバイルONEへの乗り換えに最適なタイミングとは?お得に使えるオプションと併せて解説

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

OCNモバイルONEは、格安SIMならではの料金の安さはもちろん、安定性の高い回線を持つ格安SIMです。

現在契約している大手キャリアから、OCNモバイルONEに乗り換えたいと考えている方もいるでしょう。そういった方は、乗り換えのタイミングが気になるのでないでしょうか。

この記事では、費用を抑えてOCNモバイルONEに乗り換えられるタイミングと、お得に使えるオプション、大手キャリアから乗り換える際の具体的な手続き方法などを解説します。

OCNモバイルONEの最適な乗り換えタイミング

利用中のキャリアからOCNモバイルONEへ、お得に乗り換えられるタイミングを紹介します。利用開始月の月額基本料無料を上手に使うと、初期費用を抑えられるでしょう。

月初の10日前に申し込む

OCNモバイルONEでは、申し込み日の10日後を含む月が利用開始月(=月額基本料の起算月)です。例えば、2月を利用開始月としたい場合は、10日後が2月になる1月22日を目安に申し込みます。

OCNモバイルONEでは、利用開始月の月額基本料やSIMカード利用料が無料のため、上記の例だと2月分の利用料は無料です。一方、上記例において申し込みの10日後がまだ1月の場合は、利用料無料の期間が短くなってしまいます。このように、申し込みのタイミングによって、利用料無料期間の日数が大きく異なることを把握しておきましょう。

端末購入と合わせてOCNモバイルONEへの申し込みをWebから行なうと、1週間ほどでスマートフォンとSIMカードが届きます(SIMカードのみの場合は2~3日)。

スマートフォンとSIMカードの到着後は、月を越す前に開通手続きを行ない、それまで使っていたキャリアから翌月分の料金を請求されないようにしましょう。

MNP予約番号の有効期限は実質3日

OCNモバイルONEへ乗り換えたあとも現在の電話番号を使用したい場合には、MNP予約番号を取得します。

その際には、MNP予約番号の有効期限に注意しましょう。MNP予約番号の有効期限は、発行してから15日間のため十分余裕があるように感じるかもしれませんが、OCNモバイルONEの乗り換えでは有効期限の残日数が12日以上必要です。そのため、MNP予約番号の実質的な有効期限は3日しかありません。予約番号を取得したあとは、即座に申し込みをすることが大切です。

MNP予約番号の有効期限を過ぎると、再度取得しなければなりません。MNP予約番号は何度でも取得できるため、早く取得しすぎて期限が切れそうな場合は、良いタイミングで取得し直すとよいでしょう。 なお、MNP予約番号取得後の具体的な手順は、のちほど詳しく解説します。

総じて月末がおすすめ

現在利用中のキャリアは、解約時に月額料金が日割りされるかどうかを確認しておきましょう。

ドコモやau、ソフトバンクでは、月の途中で解約しても料金が日割りで計算されません(ただし、一部のソフトバンクのプランでは日割り計算されます)。つまり、どのタイミングで解約しても現在のキャリアに1ヵ月分の料金を支払うことにあるため、解約はできるだけ月末にするのがおすすめです。

料金の締め日によっても、乗り換えに適したタイミングは変わるため注意が必要です。ドコモとauは月末が締め日ですが、ソフトバンクは10日・20日・月末のいずれかに分かれます。利用しているキャリアの締め日を確認してから、解約日を決めましょう。

現在利用しているキャリアの締め日にもよりますが、OCNモバイルONEは月末に乗りかえるとお得であることから、基本は月末の乗り換えがおすすめといえます。

OCNモバイルONEの乗り換え可能なプラン

OCNモバイルONEで利用できるSIMカードの種類には、音声対応SIMカード、SMS対応SIMカード、データ通信専用SIMカードの3つがあり、料金プランは新コースと新コース以外に分かれます。

ここでは、新コース料金をSIMカードの種類ごとに紹介します。

音声対応SIMカード

音声対応SIMカードでは、通話、SMS(ショートメッセージ)、データ通信のすべてが利用できます。月額料金は通信容量・コースにより以下のように異なります。

通信容量・コース名 月額料金(税込) 無料通話 OCN光モバイル割(税込)
500MB/月コース 550円 最大10分/月
1GB/月コース 770円

毎月220円割引

3GB/月コース 990円
6GB/月コース 1,320円
10GB/月コース 1,760円

SMS対応SIMカード

SMS対応SIMカードでは、SMSやインターネット、LINEなどが利用できます。コース別の月額料金は、以下のとおりです。

通信容量・コース名 月額料金(税込) OCN光モバイル割(税込)
3GB/月コース 990円

毎月220円割引

6GB/月コース 1,320円
10GB/月コース 1,760円

データ通信専用SIMカード

データ通信専用SIMカードでは、インターネットなどデータ通信のみが利用できるもので、回線だけを安く使いたい人におすすめです。月額料金は、以下のとおりです。

通信容量・コース名 月額料金(税込) OCN光モバイル割(税込)
3GB/月コース 858円

毎月220円割引

6GB/月コース 1,188円
10GB/月コース 1,628円

OCNモバイルONEの初月無料で利用できる有料オプション

OCNモバイルONEでは、有料オプションも初月無料で利用可能です。サービスの種類ごとに、オプションの詳細、月額料金などを紹介します。

電話サービス

OCNモバイルONEの「かけ放題オプション」を利用すると、さらに通話料がお得になります。3種類のかけ放題のオプションについて、詳細を下表にまとめているので参考にしてください。なお、利用には申し込みが必要です。

  10分かけ放題 トップ3かけ放題 完全かけ放題
月額料金(税込) 935円 935円 1,430円
国内電話 10分以内0円
10分超11円(税込)/30秒
月内通話料上位3番号への通話0円
上記以外11円(税込)/30秒
国内通話料0円

また、スマートフォンからIP電話が利用できるアプリ「050 plus」は、月額料金が330円(税込)で、アプリ同士や050で始まる提携プロバイダのIP電話との通話が無料です。また、固定電話への電話が8.8円(税込)/3分、他社携帯電話への通話が17.6円(税込)/1分と安く、050から始まる専用電話番号が持てます。

インターネットセキュリティ

オプションで利用できるインターネットセキュリティは、ウイルスバスター、ノートン、マカフィー、あんしんモバイルパックなどがあります。

上記以外にも利用できるインターネットセキュリティはありますが、ここでは代表的なものとして、上記で挙げたオプションの月額料金や特徴をまとめています。

サービス名 月額料金(税込) 特徴
ウイルスバスター 627円 ウイルスや詐欺メール、不正アプリ対策
通信の盗み見、SNSから情報流出を防ぐ
ノートン 330円 危険なサイトから保護
リスクの高いWi-Fiスポットを警告
マカフィー 627円 評価の高い総合セキュリティソフト
パソコンやタブレットなどと合計3台まで利用可能
あんしんモバイルパック 704円 電話/リモートサポート、セキュリティサービスの「マイセキュア」、データのバックアップサービスの「マイポケット」という3つの機能が利用可能

メール

メールの有料オプションにはファミリーメール、メールウイルスチェックサービス、迷惑メールブロックサービスなどがあります。

代表的なものとして、上記3つのサービス内容や特徴を紹介します。

サービス名 月額料金(税込) サービス内容・特徴
ファミリーメール
(追加メールアドレス)
1個目:275円
2~29個:110円/1アドレス
基本の無料アドレスに加えて、最大29個のアドレスを持つことが可能
@より左のアカウント名は、希望の名前を付けられる
メールウイルスチェックサービス 220円/1アドレス
迷惑メールブロックサービスと同時利用で385円
ウイルスに感染している受信メールを自動で検知し、駆除する
迷惑メールブロックサービス 220円/1アドレス
ウイルスチェックサービスとのセットは385円
迷惑メールやフィッシング詐欺メールを自動で検知し、受信を防ぐ

サポート

サポートオプションには、OCNプレミアムサポート for スマートフォン、あんしん補償などがあります。

こちらも、代表的なものとして上記3つの料金と特徴をまとめています。

サービス名 月額料金(税込) サービス内容・特徴
OCNプレミアムサポートforスマートフォン 429円 端末の初期設定方法やアプリの使用方法などを、専門オペレーターが電話や遠隔操作でサポート
あんしん補償 550円 スマートフォンの画面割れ、故障、破損、水漏れなどのトラブルの際、程度に応じて修理や交換が可能
補償上限は50,000円

コンテンツサービス

有料コンテンツサービスには、ABEMAプレミアム、gooドクター 有料プランなどがあります。

このほかにもサービスはありますが、代表的な2つの詳細をまとめました。

サービス名 月額料金(税込) サービス内容・特徴
ABEMAプレミアム 960円
初回申し込みの場合、最大2ヵ月無料、その後3ヵ月は500円
人気の有料作品や多くの番組がいつでも見放題 
gooドクター 有料プラン 770円 24時間365日、12科目の医師に相談可能
健康診断結果の登録・管理・相談も可能

オンラインストレージ

有料オンラインストレージには、マイポケット、おまかせマルチパックなどがあります。サービス内容や月額料金は、以下のとおりです。

サービス名 月額料金(税込) サービス内容・特徴
マイポケット 128GB:330円
512GB:1,089円
写真や動画、その他ファイルなどを長期間保存できる 
おまかせマルチパック 1,045円

以下の3つがセットになったお得なパッケージ

・2回の無料訪問サポート、OCNプレミアムサポートが利用できる「おまかせサポート」
・パーソナルクラウドサービス「マイポケット」
・セキュリティ対策ソフト「マイセキュア」

OCNモバイルONEにMNPで乗り換える手順

OCNモバイルONEにMNPで乗り換える際の、具体的な手順を解説します。

1.MNP予約番号の取得

まずは、現在利用しているキャリアに電話やWebで連絡し、MNP予約番号を発行してもらいましょう。

大手3キャリアの連絡先、受付時間は下表を参考にしてください。

キャリア 電話 Web
ドコモ ドコモ回線から:151 My docomo
一般電話:0120-800-000 受付時間:24時間
受付時間:9時~20時  
au 携帯電話・一般電話:0077-75470 My au
受付時間:9時~20時 受付時間:24時間
ソフトバンク ソフトバンク携帯電話から:5533 My softbank
フリーコール:0800-100-5533 受付時間:24時間(予約番号発行時間:9時~20時)
受付時間:9時~20時  

2.申し込み手続き

OCNモバイルONEのWebサイトから、申し込み手続きをします。契約手続きの手順は、以下のとおりです。

①商品、プランを選択する

②以下の申し込み情報を入力する

  • 契約者情報
  • クレジットカード情報入力(1回目):スマートフォン端末購入用
  • gooIDの登録
  • クレジットカード情報入力(2回目):OCNモバイルONE料金支払用

③本人確認書類の提出

3.SIMカードの受け取り

申し込み完了後、SIMカードだけなら2~3日、端末とセットで購入した場合は1週間ほどで自宅に商品が届きます。

併せて、OCN会員登録証など必要書類も送付されるため、大切に保管しましょう。OCN会員登録証には、IDやパスワードが記載されており、各種設定を行なう際に必要になることがあります。

4.MNP転入切り替え

SIMカードを差し替える前に、公式WebページからMNP開通の申し込み手続きを行ないましょう。以下のページの指示にしたがって操作すれば、転入手続きが完了します。

MNP開通お申込み手続き

なお、この手続きは任意のため、自身で行なわなければ翌日以降に、自動的に切り替えられます。

9時~20時59分の間に手続きすると、即時で切り替えが完了し使用できる状態になります。電話を早く使えるようにしたい人は、上記の時間内に手続きするとよいでしょう。21時以降に手続きした場合は、翌日の9時頃を目安に開通します。

5.SIMカードの差し替え

手順4の作業により、これまで利用していたSIMカードが利用できなくなるため、OCNモバイルONEのSIMに差し替えます。SIMカード差し替えの手順は以下のとおりです。

  1. スマートフォンの電源を切る
  2. 本体からSIMカードを取り出す
  3. 新しいSIMカードに差し替える
  4. SIMスロットを戻して、電源を入れる

機種によっては、SIMカードを取り出す際にSIMピンが必要です。また、SIMカードを挿入する際は無理に押し込まないようにしましょう。

なお、SIMカードを扱う際、SIMカードの金属端子部分を素手で触ると故障を招きかねないため、触れないよう注意してください。

6.APN設定

APN(Access Point Name)とは、インターネットの接続先をスマートフォンに認識させる設定のことです。APN設定方法は、端末の種類によって以下のように異なります。

端末の種類 設定方法
iPhone APN設定用構成プロファイルを以下からダウンロードして設定する
OCNモバイル ONE APN設定用構成プロファイル(iOS)
Android 1.   「設定」アプリをタップ
2.   「ネットワークとインターネット」をタップ
3.   「モバイルネットワーク」をタップ
4.   「モバイルデータ」をオンにして、「アクセスポイント名」をタップする
5.   「OCNモバイルONE」が表示される場合はタップする
  表示されない場合は「+」からAPNを追加する
6.   APN情報を入力する
 「OCNモバイルONE」を選択した場合も、以下の内容になっているか確認する
設定内容
● 名前:「ocn」などわかりやすいものを入力
● APN:ocn.ne.jp
● ユーザー名:mobileid@ocn
● パスワード:mobile
● MCC:440
● MNC:10または13
● 認証タイプ:CHAP
● APNプロトコル:IPv4
7.   右上のタテに点が3つ並んでいる部分をタップし、「保存」をタップ
8.   設定したAPN右側の「○」を選択して終了

OCNモバイルONEに乗り換える際の注意点

OCNモバイルONEに乗り換える際の注意点を解説します。

事業者によってはMNP転入ができない場合がある

MNP転入のためには、MNP予約番号が必要です。しかし、事業者によっては、OCNモバイルONEへのMNP転入ができない場合があるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。また、手続きの際に必要な書類も事業者によって異なるため、事前に確かめておきましょう。

MNP予約番号は、移転する前のキャリアで携帯料金が未払いの状態になっている人や利用停止中の場合など、条件によって発行できないことがあるため注意してください。

現在のキャリアと移転先での契約名義が異なる場合も、MNP転入できません。乗り換えにともなって名義変更したい場合は、MNP予約番号を発行する前に行ないましょう。

MNP予約番号の発行に時間がかかる場合がある

MNP予約番号を発行してもらう際に、発行に時間がかかることがあるため注意が必要です。土日や祝日などにかかると、平日まで対応してもらえないケースもあります。そのため、余裕を持って計画を立てましょう。

また、インターネットよりも電話で申し込むと早く発行される可能性があるため、急ぐ人は電話で問い合わせてみましょう。

キャリアメールが有料

OCNモバイルONEに転入してきた場合に、以前使用していたキャリアメールを継続して利用することは可能です。キャリアメールとは大手携帯キャリア独自のアドレスで、アドレスの最後に「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」が付いています。

ただし、継続利用するためには各キャリアでの利用手続きが必要になるため、注意してください。この手続きは、解約から31日以内に行なう必要があります。

また、キャリアメールを利用する場合は有料となり、月額料金が別途必要です。ドコモ・au・ソフトバンクともに月額330円ですが、ソフトバンクのみ年払いも可能です。年払いの場合は料金3,300円です。

LINEの年齢認証ができない

OCNモバイルONEへ乗りかえた場合、LINEアカウントを引き継いで利用することはできます。ただし、LINEの年齢認証ができないため、IDや電話番号による友だち検索はできません。

OCNモバイルONEでLINEの友だちを追加するには、QRコードを使う方法があります。友だちになりたい相手のQRコードを読み取り、友だちに追加できるほか、QRコードをメールやSMSで送信して、離れた場所にいる友だちを登録することも可能です。

その他、「招待」を使ってSMSまたはE-mailでLINEアカウント登録用のURLを送ることもできます。

まとめ

OCNモバイルONEは格安SIMのためキャリアメールが有料になり、LINEの年齢認証ができません。しかし、この2点はOCNモバイルONEだけでなく、どの格安SIMでも同じです。OCNモバイルONEは格安SIMのなかでも回線が安定していることから、毎月の費用を抑えつつもしっかりとした回線を確保したい人におすすめといえるでしょう。

また、数多くの有料オプションがあり、初月無料で利用できます。この機会に、ぜひOCNモバイルONEへの乗り換えをご検討ください。

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

OCNモバイルONE 公式サイト

-乗り換え