基礎知識

固定費を見直して毎月の支出を節約!通信費削減におすすめの格安SIMも紹介

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

固定費とは、生活の質に関係なく継続して発生する、一定金額の費用のことです。生活費をなるべく抑えるには、固定費を節約するのが効果的です。

しかし、固定費を見直せば本当に節約ができるのか、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、固定費を見直して毎月の支出を節約するメリット、成功するコツを解説します。併せて、通信費削減におすすめの格安SIMも紹介しますので、固定費の節約を検討している方はぜひ参考にしてください。

固定費とは

毎月かかる固定費を見直すことが、支出の抑制につながります。

まずは、固定費について理解しておきましょう。

毎月必要となる費用

生活費は「固定費」と「変動費」の2つに大きく分けられます。住居費や光熱費など、毎月ある程度金額が決まっていて、私たちが生活するために必要な費用を固定費といいます。

一方、食費や日用品費、レジャー費など、生活の内容によって毎月の支出金額が変わるのが変動費です。

生活費の内容は細かな項目に分けられますが、まずは固定費と変動費のどちらに分かれるかを意識してみましょう。

固定費に含まれる費用

固定費にはさまざまな種類のものがありますが、そのなかでも代表的な例を下表にまとめました。

固定費

住居費

家賃・住宅ローン

水道光熱費

電気代・水道代・ガス代

通信費

固定通信費、毎月の電話料金

保険費

医療保険・生命保険・がん保険・火災保険

自動車維持費

ローン・保険料・ガソリン代・駐車場代

サブスクリプション

動画音楽配信サービス・アプリ使用料(毎月定額の料金がかかる)

習い事

スポーツジムなど

家賃や住宅ローンなどの住居費をはじめとした固定費は、支出のうち大きな割合を占めるのが特徴です。そのため、固定費の見直しが生活費の節約へとつながります。

固定費を節約するメリット3つ

固定費の節約により得られるメリットは、おもに以下の3つです。それぞれ詳しく解説します。

1.毎月一定の節約効果を得られる

固定費の節約による一番のメリットは、毎月一定して節約効果が続くことです。

例えば、固定費のうち大きな割合を占める住居費で考えてみましょう。賃貸マンションに住んでいる人が引越しによって、毎月の家賃を今よりも1万円削減できた場合、1年間で12万円もの節約効果が期待できます。

また光熱費の場合は、電気料金・ガス料金の料金プラン見直しや節約術の実行で、削減につながります。

家賃や光熱費などの固定費は毎月一定して発生するため、契約を見直して節約に成功すれば、以後は毎月一定の節約効果が得られるでしょう。

毎月の節約額は大した金額にはならないとしても、長い目でみるとその節約効果は大きなものです。

2.苦労せずに節約できる

生活費の見直しといえば、食費や交通費の節約を最初にイメージする方が多いかもしれません。少しでも安いものを買うためにスーパーをはしごする、交通費節約のために交通機関を利用せず歩くなどがその例です。

しかし、食費や交通費など変動費の節約は、苦労する割になかなか思うように結果が出ず、失敗に終わるケースも少なくありません。

固定費の節約は、契約プランの変更などを基本とするものです。一度の見直しだけで節約効果が毎月続くため、それほど苦労せずに節約できるでしょう。

3.節約のストレスが少ない

食費などの変動費の節約は、食べたいものや欲しいものなど何かを我慢することが多く、人によってはかなりストレスになりやすいものです。

ストレスがたまりすぎると、逆にお金を使ってしまい、自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

一方、固定費の節約はムダの削減を基本としているため、変動費と比べて日常生活があまり変わらず、ストレスなく節約できます。

これらのことから、生活費の節約は固定費の見直しから始めるのがおすすめといえます。

固定費の節約を成功させる3つのポイント

固定費を見直して節約を成功させるためには、以下の3つのポイントに注意して行ないましょう。

1.無理のある節約をしない

節約に集中しすぎるあまり、今の生活の質を落としてしまう可能性があります。

例えば、家賃の安さだけで引越し先を決めてしまうと、駅から遠すぎる、生活環境が悪いなどの不便さで心身にダメージを受けてしまいます。しかし、無理して節約を続けてもストレスがたまって長続きはしません。

現在より家賃を下げる場合は、今の場所よりも少し遠い場所の物件にする、洋室ではなく和室の物件にするなど、生活の質をそれほど落とさずに家賃が下がる条件で部屋を探しましょう。

2.節約金額をあらかじめ決めておく

節約を始めるまえに、具体的な目標金額を決めておくと必要以上に節約するリスクを減らせます。

やみくもに削減しようとせず、「月々○○円節約する」と節約額を明確にしましょう。そうすれば、具体的な契約プランをイメージでき、不要な固定費だけを節約できます。

また、無理のない範囲で実現可能な目標を定めるには、自分の毎月の支出額がどのくらいなのかを把握することが大切です。

3.定期的に固定費を見直す

固定費は、仕事や家庭などライフスタイルの変化に合わせて、定期的に見直しましょう。

例えば、以下のようなタイミングです。

  • 在宅での仕事が増えるタイミングで、スマートフォンの通信プランを見直す
  • 結婚・出産・子供の独立に合わせて保険を見直す

現在の生活に合ったものに変更すると、無駄なく節約ができます。

また、サブスクリプションなどの毎月料金が発生しているサービスは、利用開始時より使用頻度が少なくなっても、なんとなく支払い続けている方も少なくありません。月々の利用額は少なくても、年単位に換算するとまとまった金額になります。

定期的に契約しているサービスを確認し、利用していないサービスは解約しましょう。

スマートフォンの固定費の節約には格安SIM!

スマートフォンの通信費を節約するには、格安SIMへの乗り換えがおすすめです。その理由は以下で説明します。

SIMを変えるだけで通信費を節約できる

通信費の節約としてスマートフォンの料金を下げるには、大手キャリアから格安SIMへの変更がおすすめです。

格安SIMとは、大手3キャリアといわれるNTTドコモ・au・ソフトバンクから回線を借りて提供されている、格安の通信サービスを指します。

大手キャリアは通信速度が安定し、店舗で手厚いサポートが受けられる分、月額料金が高めの傾向にあります。そのため、現在使っている大手キャリアのスマートフォンから格安SIMへ変更すると、月々の通信費の大幅な節約が期待できます。

「通信速度が遅くなる時間帯がある」「キャリアメールが無料で使用できない」などのデメリットはありますが、簡単に節約をしたい方におすすめの方法です。

ムダのない料金プランで使える

大手キャリアの料金プランは、さまざまな割引制度を導入しているため、複雑でわかりにくいことが少なくありません。

一方の格安SIMは、料金体系が比較的シンプルで、乗り換えが初めての方でもわかりやすいのがポイントです。データ容量ごとに「毎月○○円」と定額プランがあり、これに通話料が加算されるだけなので、自分に合ったプランを選びやすくなっています。

「普段、通話の際は通話アプリを利用する」という方であれば、音声通話なしでデータ通信のみのプランを選択するのもよいでしょう。

それぞれのニーズやライフスタイルに合わせて、無駄なくプランを選べるのがメリットといえます。

格安SIMなら「OCNモバイルONE」がおすすめ!

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

OCNモバイルONEは、NTTレゾナントが提供する格安SIMです。通信費の節約で格安SIMへの乗り換えを検討中なら、OCNモバイルONEを候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

以下で、おすすめする理由を説明します。

通信品質が高くストレスが少ない

OCNモバイルONEは、同じドコモ回線を使用した格安SIMのなかでも、通信品質が高いのが自慢です。

MM総研による、国内でドコモ回線を使用している主要なMVNO事業所のネットワーク品質調査では、OCNモバイルONE が4期連続で総合1位を獲得しており、通信品質の高さが証明されています。MMD研究所による「2022年9月MVNOのシェア・満足度調査」でも第1位を獲得していることから、ストレスなく快適に利用できることがわかるでしょう。
参照:OCN モバイル ONEは数々のNo.1を獲得 | OCN モバイル ONE | OCN

実店舗でのサポートが受けられる

格安SIMの多くは、インターネット上で申し込みを受け付けています。そのため、実店舗のある大手キャリアと比べると、サポートが弱い印象を持つ方もいるかもしれません。

OCNモバイルONEは、全国のドコモショップや家電量販店内にあるドコモカウンターでの申し込みができます。インターネットからの申し込みが苦手な方でも、実店舗でスタッフに契約プランなどを相談しながら決められるため安心です。

なお、ドコモショップでOCNモバイルONEの申し込みを行なう際には、来店予約することをおすすめします。予約せずに来店すると、長く待たされる場合や当日受付ができない場合があります。

無料サービスの質が高い

OCNモバイルONEには、さまざまな無料サービスがあります。

例えば、容量無制限で使い放題の「カウントフリー」です。カウントフリーでは、対象サービスの利用時にかかる通信量がOCNモバイルONEの利用量にカウントされず、データ消費を気にせず楽しめます。

また「基本通信容量繰り越しサービス」では、前日または前月に使いきれなかった基本通信容量を繰り越して使用できるため、余った分も無駄なく使えます。

このようにOCNモバイルONEは、通信費を節約しながら快適にスマートフォンを使いたい方におすすめの格安SIMです。

※OCN モバイル ONEは2023年6月26日(月)で、新規お申し込みおよびSIMカードの追加お申し込みの受付が終了となりました

こちらもCHECK

【2023年最新】OCNモバイルONEの評判は?特徴と利用時の注意点

CNモバイルONEの特徴とともに、「通信速度・安定性」「料金プラン」「サービス・バッテリー消費など」の3つの観点から評判を解説します。併せて、OCNモバイルONEを利用する際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

まとめ

固定費の節約は、契約プランの見直しなどを行なうだけで、毎月一定の節約効果が得られるのがメリットです。食費などの節約と違い、無理なストレスなく生活費を抑えられるでしょう。

固定費の節約として、通信費を抑えたい方におすすめしたいのが格安SIMへの乗り換えです。

OCNモバイルONEには「通信品質が高い」「実店舗でのサポートが受けられる」「無料サービスが充実」など、多くのメリットがあります。そのため、節約しつつもスマートフォンを快適に使用することが可能です。

ライフスタイルの変化に合わせて固定費を見直す際には、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

-基礎知識
-